子供の吃音の原因とその治療

kodomonokitasuonnnotiryou

子供の吃音の原因とその治療

子供の吃音の真の原因

 子供の吃音の原因は、年齢が幼少であればあるほど遺伝要因が濃厚であると考えるべきです。一般に他の精神疾患にも言えることですが、年齢が若いほど遺伝要因が決定的なファクターであることが医学的研究によって知られています。

つまり、子供の吃音の原因は親の責任ではありません。(吃音遺伝子を持った親が子供を作ったという点を除けばそうです。しかし、このことは結果的に客観視して観ても親の責任とは言えないでしょう。親は知らなかったわけですから。)

子供の吃音の治療の基本

子供の吃音の治療の基本は、サプリメントの投与です。(薬は推奨しません。※理由は後述)これだけで今まで私が対応したお子さんの吃音はほぼ治ってしまっています。

今、個人指導を行っているお子さん(中学1年生)は、3週間で普通に、友達と流ちょうに喋れるようになったと、先日、親御さんがメールを私にくれました。

このペースで行けば、発表会のような公衆の面前でも流ちょうにどもらないで喋れるようになると思います。

子供の吃音の治療の誤った療法について

 子供の吃音の治療によく言語療法が有効だと考える人がいるようですが、無駄です。この吃音を自力で克服【最新版】というブログの他の記事をご参照ください。また、私の他のブログやYouTubeも参照されてください。

そうすることで、私の主張している理屈が腹の底から理解できると思います。

それから子供の吃音は根性論や精神論、心構えでどうにかなるレベルの話ではありません。

私は実際の経験者なので痛いほどこのことは理解できます。結局のところ、サプリメントや薬(子供の場合は成長過程なので推奨しない)を用いて、脳の機能に直接介入していかない限り、吃音はまったく治療できないわけです。

このことに一人でも多くの人が気づいてくれればいいと本心で私は思います。

(まとめ)

〇子供の吃音の原因は親のせいではまずない。(極端な虐待をする親は除く)
〇子供の吃音の治療の基本はサプリメント(シークレットメディシン)の投与
〇吃音の治療に、言語療法はほぼ意味なし。

吃音を自力で克服 (←ホームへ戻る)

吃音の治療(子供)【最新版】

吃音の治療(子供)【最新版】

 子供の吃音は一般に遺伝的要因が大きいです。発症年齢が小さければ小さいほど吃音の遺伝要因が高まることが主に知られています。逆に、発症した年齢が高くなるほど環境的要因が濃厚になっていきますが、これは吃音に限った話ではなく、精神疾患全般に言えた話になります。

子供の吃音の治療によく、言語療法や音読を用いた吃音矯正トレーニングが用いられたりしますが、こういった治療法は実はほとんど効果がありません。

吃音脳を持っている限り、子供の吃音も治らない

 要するに、吃音脳を持ってしまっているから、どもってしまうのであって、吃音脳を持っているのに、いくらトレーニングでそれを矯正しようと試みても実はほとんど意味がないことになります。

それが証拠に、たとえば普段、吃音を抱えていている人がお酒(゠アルコール)を飲むと、すらすら流ちょうに話せるようになるという意見をよく耳にします。

それは、アルコールが脳に作用して、流ちょうな発話に関与する神経伝達物質GABA(γアミノ酪酸)が脳内で上昇したことに起因する現象です。

なぜアルコールを飲むと流暢に喋れるか?

要するに、脳の機能が吃音という症状を生んでいるだけ、という話になります。細かく見ていけば、GABA(γアミノ酪酸)が脳内で過度に不足していて、グルタミン酸が過剰になっている・・・・・・というような話です。

子供の吃音を治療する場合は、このように直接脳の機能に意図的に介入する治療をしていかないといつになっても吃音は治りません。

吃音の治療の真実

これは私が他のブログでも言っていることで、正直な話、このようなことを繰り返し繰り返し、他のブログで反芻(はんすう)していくのは、ばかげた話だとは思いますが、お子さんの吃音を治したいと本当に願う親御さんたちにこの真実をお伝えできるようにと、この記事においても同じようなストーリーを記載しました。

とにかく、子供の吃音は精神論や根性論ですとか、暴露療法ですとか、言語療法といった治療法を用いても根本的な解決を図ることはできません。

 

繰り返します。

 

できません。

 脳の機能に介入する治療法の選択が吃音克服への最短ルートです。このようなことはほとんど知られていない話で、逆に暗黙化につぶされているようなことなのかもしれません。

子供の頃の私の吃音

子供の頃の私には吃音がありました。友達から何か物事に対して説明を求められると、全くうんともすんとも喋れませんでした。そして、無理に喋ろうとすると、どもってしまうわけです。

この吃音の症状は運動を主眼とする自己治療で大幅に治りました。しかしながら、吃音の子供特有の繊細な性格的特性(HSP)は米国の医療実験に参加した前後に治りました。

それは、薬やサプリメントを使用する治療を私が行うようになったことによります。小さな子供の吃音の問題解決は私が紹介するサプリメントの組み合わせで十分でしょう。

実際、私が対応した多くのお子さんの吃音が治っています。なお、私が標榜する理論は大方の精神科医には理解不能だと思います。
一部の心ある医師は理解してくれていますが・・・・・・。

(まとめ)

子供の吃音は脳の機能が生んでいる。その脳の機能異常を是正する治療法を選定していかないと治すことは絶対にできない。

子供の頃の特性は成長しても続くものだからで、将来の不安の芽は早いうちに断ち切ってしまった方がその子のために絶対によい。

吃音を自力で克服 (←ホームへ戻る)


沖仁宏

吃音の治療【最新版】

吃音の治療【最新版】

吃音は治らないものであるという思い込みを皆さんはお持ちではないでしょうか?過去の私は吃音でしたが、吃音の治療に完全に成功しました。
今では新宿で講演会を行ったり、YOUTUBEに動画音声を出すくらいですが、昔の私の吃音の症状は非常に酷いものでした。

吃音とは;

吃音とは、どもってしまう言語障害の一種で、喋るときに詰まってしまう症状を指します。誰でも過剰に緊張するとどもってしまうことがありますが、吃音の人の場合、この状態が寝ている時間以外ずっと続きます。

過去の私の状態

過去の私はまさに言語障害といえるほどのレベルに属していたわけです。
私の吃音は強迫性障害や重度の不安障害と併発して起こったもので、シャレにならないような次元の話でした。

吃音者が今すぐ自分できる治療法

 まずはじめに私が行った吃音の治療は有酸素運動の習慣をつけることでした。毎日、夜10kmくらいの距離を走る習慣をつけたわけです。これにより、極度に緊張を強いられる場以外では、ほぼ吃音は起きなくなりました。

しかしながら、吃音者特有のHSP(極度に繊細な神経質)という気質自体の克服はできませんでした。私は自分自身の気質が尋常でないほど神経質で途方もないほどの厭世主義者でしたので、それをとても気にしていました。

何故かというと、この気質自体を治療しなければ、この後、社会で生きていくことは不可能であると悟ったからです。

よって、吃音の治療に成功した後、気質の治療(わけのわからない話とは思いますがそもそも、通常変える必要などないものです。)を行うに至ったわけであります。

吃音の治療の真実

 ここでは吃音の治療について話しているのですが、問題はHSPの克服だったわけです。そのために、私は米国有名大学の医療実験に参加したり、中南米の薬局でありとあらゆる薬、サプリメントを自らの体を用いて人体実験を数年間毎日繰り返してきたわけです。

そのような紆余曲折を経て、私は吃音治療に最大限の効果を発揮する組み合わせを把握したわけです。(もともと、私の根源には発達障害が存在し、過日、日本のTVに出演歴のある精神科医に実際にADHDを診断されましたそのため、私の場合は純粋に吃音だけを治療に加えて、強迫観念を主体とする強迫性障害、境界性人格障害の治療方法を考案しなければいけなかったわけです。

吃音は遺伝病である

 基本的に、吃音は中度以上になると、言語療法ですとか心理療法ですとか、そういった類の治療法は有効ではありません。この事実に気づいている人は意外と少ないのですが、吃音とは脳の機能障害(特定の神経伝達物質の不足)に由来しますので、薬やサプリメントを用いていかない限り、治りません。

きわめて残酷な話かもしれませんが、これは事実であります。遺伝によって、美人、不美人、頭の良い、悪いが決まっているように、吃音になるもしくはなりやすい遺伝形質、吃音になりづらい、もしくは絶対にならない遺伝形質というものははじめから決まっているというわけです。

ことに、発症年齢が低ければ低いほど、遺伝要因の影響は濃厚になり、環境要因の影響性は薄れていくことが、医学的に知られています。(これは吃音に限った話ではなく、精神障害全般において知られていることです。)

よって、私が主張しているような治療法を取り入れていかない限り、吃音はまず治らないといっていいでしょう。

効果のない吃音の治療と効果のある治療法について

(吃音に効果のない治療法【一覧】)
〇潜在意識を書き換えるとかいう自己啓発セミナー系にありがちな怪しい手法
〇催眠療法
〇言語療法
〇音読、発声練習
〇インナーチャイルドセラピー
〇心理療法

(吃音に効果のある治療法【一覧】)

〇運動療法
〇サプリメンタル療法
〇薬物療法

理由は、繰り返しますが、吃音とは脳の機能障害に過ぎないからです。ですから、このような無機質な結論に最終的に達しえます。(特に中度~重度の吃音)

(まとめ)

吃音は軽症であれば運動の習慣をつければ治る可能性が高い。
中度以上は私が主張しているような治療法を取り入れないとほぼ間違いなく治らない。

吃音は遺伝的な影響が非常に濃厚な精神疾患。

沖仁宏

吃音を自力で克服 (←ホームへ戻る)
(最終更新:2018/10/24)

姉妹サイト

(姉妹サイトのご紹介)

アダルトチルドレンの治療【東京】

吃音はアダルトチルドレンや強迫性障害と併発しやすい精神疾患です。
特にアダルトチルドレンや強迫性障害とは併発しやすいと言われています。私にはアダルトチルドレンの治療のブログがあるのですが、この場で、そちらのサイトを紹介します。

アダルトチルドレンとは境界性人格障害に近い概念で、神経症と統合失調症の丁度、境界域に存在するため(厳密には違いますが)、自我基盤が弱い゠根拠のない自信の乏しい性格特性を指し、巷ではACと呼ばれたりもします。

アダルトチルドレンの治療は困難であると一般にいわれており、現状の精神医学や心理学の分野では、ほぼ治らないものであると言われています。
(厳密にはアダルトチルドレンとは、精神医学によって定義されたものではありませんが)

私のアダルトチルドレンのブログは、吃音を克服したいと心から願う人にも
参考になるかと思います。
結局、吃音もアダルトチルドレンも一つの線でつながっているからです。

感情系の心の病気は多くの場合、共通点をもっているのでそういう結果になるわけです。私はサイトやブログを星の数ほど持っており、最終的にはすべてのサイトをつなげていこうと思います。

心の病気というものは、ある特定の共通要因によって生じているといえなくも
ないからです。そのため、吃音も強迫性障害もパニック障害もそれからアダルトチルドレンもまた親戚のようなものであるということが可能になります。

ですので、診断名はほとんど気にする必要はないと断言することさえ可能なのです。

アダルトチルドレンの治療【東京】

これらの心のトラブルは正しいアプローチをとることで解決できるものなのです。
ネット上で治らないとかいう情報はすべてデタラメという話になります。実際、治った私という本人が言っているのだからまず間違いないといえます。
私は講演の経歴があり、吃音やアダルトチルドレンを抱えている状態で、観衆の前で講釈をたれられるはずないのはより多くの方理解できるはずです。

吃音を自力で克服 (←ホームへ戻る)

私の吃音克服体験談

私の吃音克服体験談

私の吃音克服体験談についてここで述べたいと思います。別サイトでも似たような記事を書いているので、正直、書くのがめんどくさいのですが、仕方ないので書くことにします。まず第一に過去の私には吃音がありました。
(※別サイトでも述べているように吃音だけでなく他の神経症や性格の問題もありました。)

吃音がはじまった子供の頃

 私の吃音が始まったのは、小学生低学年頃からでした。もともと喋らない子供ではあったのですが、友達から「これこれってどういうことなの?」と質問されると全く答えることができなくなっていました。

これは、吃音だけでなく、場面緘黙のような脳の機能障害があったのだと述懐しますが、論理的な説明を求められると特に、強く吃音が出ていました。

どういう時に吃音が強く現れたか?

また、Yes/No形式の質問をされると、「はい、いいえ」しかそもそもないので、ほとんどどもらずに答えることができたのですが(重症化した時はそれでもどもりました。(※中学高学年~高校生時代))、長く説明しないといけないような質問の類をされると、全く流暢さなどなく、それどころか完全に脳が停止してしまうような感じです。

もちろん、吃音も強く出ました。

中学時代になると、論理脳が子供たちは発達するために、よく喋るようになります。

たとえば、「昨日のTVアニメのあれなんだけどさ・・・」みたいな話をその年代の子供はよくするのですが、そういう話題になるとまったく話せませんでした。吃音が出てどもってしまうからです。仮にもし、どもりがなかったとしても、論理脳が未発達であったため、いずれにせよ話すことはできなかったと述懐します。

忌まわしい青春

 この暗黒の時代が延々と中学、高校、大学と続いていきました。ハッキリ言って、これは全くの地獄の日々でした。

特にその後の人生観に重要といえる多感な思春期をこのような吃音地獄で過ごしたために、私はその時代、年代で経験しないといけない多くのことを体験を一切しないで、成人することを強いられたわけです。

これは心的外傷経験として、その後の私の人生観をより暗いものとしました。

吃音克服になった転機

 しかしながら、その転機となる出来事がありました。高校を卒業したことです。高校を卒業し、一年間の浪人生活を送ったのですが、ここで自由な時間ができました。

予備校に通ったので、自由とは言い難いと一般には考えられるかもしれませんが、私は予備校の授業を無視して、この1年間好きな事だけをして生きていました。

 たとえば、運動の習慣をつけ、毎日毎日、ジョギングや筋トレの習慣をつけることをはじめたのです。
そして、今までは一切しなかった読書の習慣をつけ、大量の書籍を一年の間に読破しました。

もちろん、受験勉強にも集中していたのは言うまでもない話です。

全くの無駄だった学生生活

 このように、何か自分の好きなことに集中し、そして何より体を鍛える習慣をつけたことが私には良かったのです。運動は吃音の克服に効きます。これは学術的にも根拠が示されている話ですが、運動をすることで脳内の抗うつ物質が劇的に増加するわけです。

(参考:)
吃音を運動で克服する方法

今考えれば過去の私の吃音の原因は、生まれついての劇的なうつ病性格でした。私は子供のころから、「死んだらどうなるのか」について考え込み、夜眠れなくなるような性格の子供でした。

昔風の言葉で言えば、腺病質の子供であったといえるでしょう。

運動によって吃音がいつのまにかなくなった

そういった過去の私が運動をして体を鍛える習慣をつけることによって、はじめて脳内の抗うつ物質がドラマチックに増加し、それによって、吃音症状がなくなったという話になります。

私はYouTubeにも吃音克服体験談についての動画をあげていますが、コメント欄に、「吃音は一生治らないよ」みたいな回答が来ることがあります。しかしながら、実際、治った私の話ですし、私のクライアントの方で、吃音を克服したという人も本当に多いわけです。

そういった背景を考慮すれば、再現性は高いと言わざるを得ません。

吃音は克服できないという話は尊重する必要はありますが(一意見として)、ファクトではないわけです。

吃音を克服した後の世界観

 吃音を克服すると、普通に詰まらずに喋ることができるので精神的苦痛は大幅に軽減します。あんなどもりの状態で一生過ごすくらいなら死んだ方がマシだとその時思えることでしょう。

余談ですが、過去の私には、吃音だけではなく、むしろそれ以上に神経症やパーソナリティー障害の症状がきつかったですね。私は相当にどす黒い青春を送ってきたので、暗く強い情念のようなものが巣くっていました。

しかし、それを良い方向へ、社会的に成功する方向へ活用したからこそ、今現在の私があるのだと思っています。

情念を昇華することの大切さ

悪い方向へそれを使っていたら、今の私はないはずです。(過去の私はテロ行為を画策するほど社会を忌むべき存在として憎んでいました。)

しかしながら、過去の私の主張、理念の筋(すじ)は通っていたと思います。そのため、外国でできた友人の多くは私のきちがいめいた意見にも同調してくれ田のだと思います。

 吃音の話からずれてしまいましたが、私の場合、吃音は運動(毎日最低1時間以上)の習慣をつけることで1年くらいでいつのまにかなくなっていました。そういった経緯から、YouTubeにその体験談の動画をアップロードしたわけでした。

吃音は克服できる

私のクライアントの方の場合、吃音は最も早く結果が出ています。

吃音は脳の機能障害である証拠です。

まとめ

 以上が私の吃音克服体験談です。
類似サイトを数多く私は持っており、この記事を書くのも正直うんざりでした。何故かというと、それらの俗に言う神経症(強迫性障害、パニック障害そして吃音など)は、ほとんど同じ原因によって生じるものだからです。

具体的な克服方法論をより掘り下げて知りたい方は、私の他のブログやHPに書いてあるのでそちらを参照してください。

吃音を自力で克服 (←ホームへ戻る)

沖仁宏
(最終更新:2018/11/01)