吃音を克服した有名人【最新版】

吃音を克服した有名人【最新版】

(この記事の概要:)
吃音を克服した有名人は多いといわれています。昔から器用貧乏という言葉があるように、苦手だからこそ得意になるという事例も少なくありません。つまり、吃音があり、喋るのが苦手だったからこそ、努力して喋るのが得意になるということもありうるのです。
今回は吃音を克服した有名人について紹介していきます。

スキャットマン・ジョン

吃音を克服した有名人として非常に著名であるのがスキャットマン・ジョンです。スキャットマンといえば、この名曲が有名です。

 

スキャットマンがこの曲を作った理由は、吃音者の苦悩を世に知らしめるためであったといわれています。こうした活舌のトレーニングを繰り返していくうちに、あるときインタビューを受けたスキャットマンのあまりの活舌の良さに、インタビュアーが訝しがったほどであったそうです。

こうした極度に難易度の高い活舌訓練を経るうちに吃音は自然と克服できたのでしょう。

スキャットマンの吃音の克服方法:

難易度の高い高度な活舌を要求される曲を歌っているうちにいつのまにか吃音は見られなくなったといいます。[1]

小倉智昭

アナウンサーとして朝の顔として有名な小倉智昭さんは吃音を抱えていたといいます。過去の小倉さんは吃音を抱えていて喋ることに大きなコンプレックスを持っていました。

しかしながら、そのコンプレックスを克服するために、必死に発声練習をしているうちに、しまいにはプロのアナウンサーになってしまいました。

このように喋るのが苦手だったからこそ努力して喋るのが得意になるということもあるのです。[2]

小倉智昭さんの克服方法:

小倉智昭さんの克服方法は絶え間ない日々の発声練習だったといいます。発声練習を繰り返しているうちに吃音はなくなっていっき、どもらずに話せるようになっていったと言います。

田中角栄

元内閣総理大臣で田中真紀子氏の父親である田中角栄氏は幼少期、吃音があり友人からいじめを受けていました。氏が行った克服法は、六法全書を素読するといったものでした。素読とは音読を繰り返し、お経のようにその内容を暗唱する行為を指します。

また、詩吟をやり発声の練習を繰り返したともいわれています。

幼少期の角栄氏は普通にしゃべるとどもってしまったそうですが、六法全書を素読する際はどもらないという事実に気づき、以後、素読の訓練を積んでいき、吃音を克服したそうです。[3]

余談ですが、角栄氏は吃音によって、いじめに会っていたのですが、あるとき、竹槍を構え、いじめっ子に仕返しをしたところ、いじめっ子からのいじめはピタッと止まったと言います。

その後は成り上がりを繰り返し、内閣総理大臣の地位まで上り詰めました。

田中角栄氏の吃音の克服方法:

田中角栄氏の克服方法は、六法全書の素読および詩吟でした。素読や詩吟は声帯をよく使うので、流ちょうに喋るための訓練としてある程度までは有効なのでしょう。

モーム

「人間の絆」「月と6ペンス」などの作品で世界的に有名なイギリス人小説家のモーム(William Somerset Maugham)は吃音を抱えていました。そのためご多分にもれず、吃音によって酷いイジメに会ってきました。[4]

しかしながら、その後、英国対外諜報部(MI6)に入所したことを考えると、吃音を克服したと言わざるを得ません。スパイは社交術がどうしても求められますから、吃音を抱えたままスパイになったのではなく、吃音を克服し、流ちょうな話術を身に着けた結果として、MI6に入所したのだと考えるのが妥当です。

モームの場合、1800年代後半出生ですので、吃音をどのように克服したのかについての詳細は残っていないようですが、経歴的に克服したと考えるのが自然です。

モームの克服方法:

モームの吃音が酷かった時分、彼は肺結核を抱えていました。肺結核が寛解するにつれて呼吸が楽になり、それに伴い吃音も改善されたとも考えられます。

まとめ

このように吃音を克服した有名人は少なくありません。私は有名人ではありませんが、運動の習慣をつけていくうちに吃音がなくなり、講演会の経歴もあります。
(参考:)
私の吃音克服体験談

実際に吃音は克服することが可能だということです。

吃音を自力で克服 (←ホームへ戻る)

(参照文献:)
[1]https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3
[2]http://www.jprime.jp/articles/-/9472

[3]http://deepgoldpigment.myartsonline.com/tkn13.html
[4]https://en.wikipedia.org/wiki/W._Somerset_Maugham

吃音の人が電話を克服する方法

吃音の人が電話を克服する方法

(この記事の概要:)
吃音の人では電話が苦手な場合が多いです。そもそもうまく喋るのが苦手であるのが吃音の方ですので電話も非常に苦手であることが少なくありません。

今回は吃音の方がどのように電話の機会を克服すればいいかについて書いていきます。

普段から運動の習慣をつける

 吃音の人が電話に限らず、どもる理由のひとつは呼吸が浅く弱いからです。声とは呼吸の強さ長さをそのまま現すものです。物理的に呼吸を強くするには運動の習慣をつけさえすればいいのです。

呼吸が強くなれば、大きな声で、活舌よく話すことができるようになります。

運動の習慣をつけると吃音は改善していくので、電話でもうまく喋れるようになっていくはずです。
詳しい話は下記の記事を参照ください。
(参考:)
吃音を運動で克服する方法

どもらない言い回しを使用する

人間にはそもそも発声しづらい音というものがあります。日本語の場合ですが、カ行やタ行というものは発生しづらい音になります。一般の人でもカ行やタ行は発声しづらい場合があります。

ですから、カ行やタ行はなるべく避けるといいです。

発声しづらい音というものの存在:

もっとも人によって発声しやすい音は個人差がありますので、自分自身の噛みやすい音を把握されている方は、電話の際、あえてそれを噛みづらい言い回しに変更して話すようにすると良いのです。

電話の機会を物理的に増やして慣れてしまう

電話をうまくするには物理的な慣れも大切です。吃音の方でも話す機会を増やすほど、経験が増えるので、流ちょうに話させるようになっていきます。

ただし、無理に増やしすぎると、苦手意識が悪化する場合があるので、無理はしないでください。しかしながら、一般に慣れというものも克服において重要です。

他の人は誰も吃音なんて気にしていないと開き直る

 そもそも、あなたが吃音でどもっていようと電話の相手は心身が正常な人間である限り、ほぼほぼそんなこと気にしていません。私は電話相手がどもっていようと話し下手だろうと全く気になりません。

このように心身が健康な人は、細かいことは気にしません。

したがって、このような事実を頭に入れると吃音の方も気も楽になり、電話の場においても、よりうまく喋れるようになるはずです。

あるいは、逆説志向を取り入れるのも吃音の方が電話でうまく話せるようになるのにも効果的です。逆説志向を取り入れた吃音の克服法とは、たとえば電話の際にあえて「どもってやろう!」と自分に言い聞かせ、酷くどもるようにわざと話すわけです。

そうすると、症状が出ない場合が多くなります。

逆説志向とは?

逆説志向とは、症状をわざと酷く出してやろうと試みることで、こうすることで、吃音に限らず、各種神経症の症状が現れなくなるという方法。宝箱を開けるなといわれると開けたくなるという、人間心理を逆活用したもの。

まとめ

電話を吃音の人が克服する場合、以上のような方法が有効です。特に効果的でより本質的な克服方法といえるものは運動の習慣をつけることです。

他の方法は精神論的なもの、補助的なものが多いですので、あくまでもそれらのものは克服のサポートとして、自分に無理にならないように運用していくのが賢明だと言えます。

吃音を自力で克服 (←ホームへ戻る)