吃音を運動で克服する方法:

Spread the love

吃音を運動で克服する方法:

(概要:)
吃音を運動で克服することは可能です。吃音の人では呼吸が非常に浅く、吐く息音を運動に力が入っていません。しかも、吐く息が短いのです。しかしながら、運動の習慣をつけることで、呼吸は深くなり、吐く息に力が入りかつ、吐く息は長くなります。

今回は吃音を運動で克服する方法についてわかりやすく説明します。

吃音には有酸素運動が特に効果的

吃音には運動のうち特に有酸素運動が効果的です。なぜかというと、有酸素運動を行っている間は、深呼吸をしていることになるからです。つまり、有酸素運動中は、呼吸筋を酷使し、誰しも深い呼吸をしているわけです。

そして、筋肉というものは鍛えれば鍛えただけ、使えば使っただけ強靭になります。

有酸素運動を行うことで、呼吸筋が鍛えられるので、呼吸が深くなっていくというわけです。

 

有酸素運動が吃音に効く理由

そして、発声とは呼吸、特に吐く息の現れですから、有酸素運動を行うことで発声も非常にしやすくなります。ペラペラ喋りまくるような人は、呼吸が強く、長いのです。

しかし、運動不足になりますと、呼吸が浅くなるので、そのような人でも悪影響を受けます。

運動をするとGABAが増える

また、脳科学的側面では、運動をするとGABAが増えることもわかっています。GABAは抗不安作用、筋弛緩作用があるので、GABAが増えると筋肉が柔軟になります。

声帯は筋肉です。

声帯も柔軟になるほど発声もしやすくなります。運動には声帯をゆるめ、発声をしやすくするという効果もあるわけです。

まとめ

有酸素運動の習慣をつけることで、呼吸は自動的に深くなります。
そして、発声とは呼吸の強さとイコールですので、呼吸が強くなれば発声も間違いなくしやすくなります。

また、有酸素運動は脳内のGABAを増やしますので、全身の筋肉は緩みリラックスでき、かつ声帯も柔軟になるのでやはり喋りやすくなっていくのです。

吃音を克服するためにぜひ運動を実行してみてください。

吃音を自力で克服 (←ホームへ戻る)

(Visited 30 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です