私の吃音克服体験談

私の吃音克服体験談

私の吃音克服体験談についてここで述べたいと思います。別サイトでも似たような記事を書いているので、正直、書くのがめんどくさいのですが、仕方ないので書くことにします。まず第一に過去の私には吃音がありました。
(※別サイトでも述べているように吃音だけでなく他の神経症や性格の問題もありました。)

吃音がはじまった子供の頃

 私の吃音が始まったのは、小学生低学年頃からでした。もともと喋らない子供ではあったのですが、友達から「これこれってどういうことなの?」と質問されると全く答えることができなくなっていました。

これは、吃音だけでなく、場面緘黙のような脳の機能障害があったのだと述懐しますが、論理的な説明を求められると特に、強く吃音が出ていました。

どういう時に吃音が強く現れたか?

また、Yes/No形式の質問をされると、「はい、いいえ」しかそもそもないので、ほとんどどもらずに答えることができたのですが(重症化した時はそれでもどもりました。(※中学高学年~高校生時代))、長く説明しないといけないような質問の類をされると、全く流暢さなどなく、それどころか完全に脳が停止してしまうような感じです。

もちろん、吃音も強く出ました。

中学時代になると、論理脳が子供たちは発達するために、よく喋るようになります。

たとえば、「昨日のTVアニメのあれなんだけどさ・・・」みたいな話をその年代の子供はよくするのですが、そういう話題になるとまったく話せませんでした。吃音が出てどもってしまうからです。仮にもし、どもりがなかったとしても、論理脳が未発達であったため、いずれにせよ話すことはできなかったと述懐します。

忌まわしい青春

 この暗黒の時代が延々と中学、高校、大学と続いていきました。ハッキリ言って、これは全くの地獄の日々でした。

特にその後の人生観に重要といえる多感な思春期をこのような吃音地獄で過ごしたために、私はその時代、年代で経験しないといけない多くのことを体験を一切しないで、成人することを強いられたわけです。

これは心的外傷経験として、その後の私の人生観をより暗いものとしました。

吃音克服になった転機

 しかしながら、その転機となる出来事がありました。高校を卒業したことです。高校を卒業し、一年間の浪人生活を送ったのですが、ここで自由な時間ができました。

予備校に通ったので、自由とは言い難いと一般には考えられるかもしれませんが、私は予備校の授業を無視して、この1年間好きな事だけをして生きていました。

 たとえば、運動の習慣をつけ、毎日毎日、ジョギングや筋トレの習慣をつけることをはじめたのです。
そして、今までは一切しなかった読書の習慣をつけ、大量の書籍を一年の間に読破しました。

もちろん、受験勉強にも集中していたのは言うまでもない話です。

全くの無駄だった学生生活

 このように、何か自分の好きなことに集中し、そして何より体を鍛える習慣をつけたことが私には良かったのです。運動は吃音の克服に効きます。これは学術的にも根拠が示されている話ですが、運動をすることで脳内の抗うつ物質が劇的に増加するわけです。

(参考:)
吃音を運動で克服する方法

今考えれば過去の私の吃音の原因は、生まれついての劇的なうつ病性格でした。私は子供のころから、「死んだらどうなるのか」について考え込み、夜眠れなくなるような性格の子供でした。

昔風の言葉で言えば、腺病質の子供であったといえるでしょう。

運動によって吃音がいつのまにかなくなった

そういった過去の私が運動をして体を鍛える習慣をつけることによって、はじめて脳内の抗うつ物質がドラマチックに増加し、それによって、吃音症状がなくなったという話になります。

私はYouTubeにも吃音克服体験談についての動画をあげていますが、コメント欄に、「吃音は一生治らないよ」みたいな回答が来ることがあります。しかしながら、実際、治った私の話ですし、私のクライアントの方で、吃音を克服したという人も本当に多いわけです。

そういった背景を考慮すれば、再現性は高いと言わざるを得ません。

吃音は克服できないという話は尊重する必要はありますが(一意見として)、ファクトではないわけです。

吃音を克服した後の世界観

 吃音を克服すると、普通に詰まらずに喋ることができるので精神的苦痛は大幅に軽減します。あんなどもりの状態で一生過ごすくらいなら死んだ方がマシだとその時思えることでしょう。

余談ですが、過去の私には、吃音だけではなく、むしろそれ以上に神経症やパーソナリティー障害の症状がきつかったですね。私は相当にどす黒い青春を送ってきたので、暗く強い情念のようなものが巣くっていました。

しかし、それを良い方向へ、社会的に成功する方向へ活用したからこそ、今現在の私があるのだと思っています。

情念を昇華することの大切さ

悪い方向へそれを使っていたら、今の私はないはずです。(過去の私はテロ行為を画策するほど社会を忌むべき存在として憎んでいました。)

しかしながら、過去の私の主張、理念の筋(すじ)は通っていたと思います。そのため、外国でできた友人の多くは私のきちがいめいた意見にも同調してくれ田のだと思います。

 吃音の話からずれてしまいましたが、私の場合、吃音は運動(毎日最低1時間以上)の習慣をつけることで1年くらいでいつのまにかなくなっていました。そういった経緯から、YouTubeにその体験談の動画をアップロードしたわけでした。

吃音は克服できる

私のクライアントの方の場合、吃音は最も早く結果が出ています。

吃音は脳の機能障害である証拠です。

まとめ

 以上が私の吃音克服体験談です。
類似サイトを数多く私は持っており、この記事を書くのも正直うんざりでした。何故かというと、それらの俗に言う神経症(強迫性障害、パニック障害そして吃音など)は、ほとんど同じ原因によって生じるものだからです。

具体的な克服方法論をより掘り下げて知りたい方は、私の他のブログやHPに書いてあるのでそちらを参照してください。

吃音を自力で克服 (←ホームへ戻る)

沖仁宏
(最終更新:2018/11/01)