吃音を持つ子供が吃音を克服するためのポイント

吃音を持つ子供が吃音を克服するためには幾つかのポイントがあります。今回はそのポイントについて、詳しく書かせていただきました。

子供が吃音を克服するポイント:その1

まず、第一番に子供が吃音を持っていて、喋るのに詰まってしまったりすると親御さんは不安になると思います。ここで、子供に流暢に喋らせるような厳しい指導を親が行うことは非常にマイナスです。

たとえば、何度も何度も詰まらずに話せるまで、話すことを無理強いすることです。

吃音を持つ子供の親は完璧主義者が非常に多い

結構、吃音をお持ちの子供の親御さんは完璧主義の人が多いという印象を私の指導経験上、感じています。子供に「うまく話しなさい!」と延々と繰り返すのは、子供に喋ることへの苦手意識を植え付けてしまい、逆効果になります。

そして、その時生じた苦手意識は、その後の人生において中々払しょくできないため、克服するまでに余計な遠回りすることになってしまう可能性もあるのです。

小さい子供の頃に植えつけられた苦手意識ほど深層心理により刻銘に刻まれてしまうからです。

その2

第二番は、吃音を持つ子供は、運動の習慣を十分に持たせると改善します。運動をするとGABA(γアミノ酪酸)という発話の流暢性に関わる神経伝達物質が増加します。吃音の子供だけでなく、大人の吃音の方が強めのお酒を飲むと流暢に詰まらずに喋ることができるというのは、お酒によって脳内のGABAが増えたからです。

運動を行うことによっても同様の作用が期待できます。子供にはよく遊ばせ、よく体を使わせるようにしましょう。

しかしながら、これは親が子供へ強制することではありません。

何が何でも、強制したり無理やりやらせることは止めてください。最近の子供はスマホ依存やゲーム依存に陥っていることがあります。これらのものは吃音を間接的に悪化させます。結果的に、運動不足を誘発するからです。

スマホもゲームも時間をきちんと親が管理して使わせることが非常に大切です。

その3

第三番は、食べる食品を気を付けるということです。なるべくは親御さん自身が野菜を切るところから、自家製の食事を子供に提供することです。コンビニやスーパーの弁当やインスタント式のカット野菜、水煮野菜、加工肉などを利用するモノもいいですが、どうしても化学添加物が怖いのです。

そういうものを小さなお子さんに与えていると、吃音に限らず、脳の機能障害を惹起する可能性は十分にあるのです。このような問題はヨーロッパの方では、裁判沙汰になっている事実です。

日本の親御さんも、メディアを盲信するのではなく、自分で本当の正しい情報を見極めていかないと、今の時代、自分の子供を守ることはできないのです。

子供が吃音を克服するためのその4

第四番は、人によりけりですが、吃音のお子さんの家庭環境は、両親が仲が悪い場合があります。このような家庭内の不和がストレスになり、結果、子供が吃音になっている場合もあります。

子供は正直なので、ストレスの反応が、体に出たり、心に出たりするのです。

社会生活を営んでいく中、家庭内の問題が生じるのはよくあることなのですが、なるべく、客観的にご自身の過程を振り返られてみてください。特に家庭内で問題あり、かつ子供が一人っ子である場合、吃音の問題にせよ、他の心のトラブルにせよ問題はより深刻化しやすいといわれています。

まとめ~子供が吃音を克服するうえで重要なこと~

子供の吃音を克服するうえで大切なことは主にこれら4つです。

①親が吃音の子供にうまく喋るように練習を強要すること。(発声練習も含む)

②子供が運動不足にならないような生活スタイルの見直し

③子供が食べる食品の安全性の再確認

④家庭内の不和の解決

要するに、親は吃音の子には、よく運動をさせ、安全なものを食べさせ、家庭内の問題があるのであれば解決する努力をすること。それから、発声練習だとかそういうものを、無理強いしては決していけないということです。

沖仁宏

吃音の克服(Homeへ)

吃音を自力で克服する3つのポイント

吃音を自力で克服することは決して不可能な話ではありません。結論を先にここで申しますと、吃音を自力で克服するには、

①運動の習慣をつける
②瞑想の習慣をつける
③小食の習慣をつける

この①②③の3つのポイントを忠実に実行していくと、次第と吃音は影を潜め、最終的には克服できるはずです。
以下、詳細を述べていきます。
当記事は、2、3分ですべて読むことが可能です。

吃音を自力で克服するために

①運動の習慣をつける

吃音を自力で克服するには、まず、運動の習慣をつけることが重要です。運動の習慣をつけると、吃音の原因物質のひとつであるGaba(γアミノ酪酸)が脳内で増加することがわかっています。

Gabaは主に言語流暢性に関与し、アルコールを飲むと寡黙もしくは吃音を抱える人が、流暢に多弁になるのはこのGabaがアルコールの摂取によって増加したためです。このGabaは運動の習慣をつけることによって増加することが確認されています。

効果的な運動は、ジョギング、ダッシュ、ヨガ、筋トレなどのエクササイズです。

吃音の人の呼吸パターンは、吐く息が弱いうえに短く、吸う息に力が入っています。この呼吸パターンを打破することが吃音の自力での克服の分水嶺になります。

声とは呼吸のことで、大きな声、流暢な発声というものは、息が長く強いということを意味します。運動の習慣をつけると誰しもが、呼吸が強くなりますから(呼吸筋が鍛えられることによる)、確実に吃音は改善していくといっていいのです。

②瞑想の習慣をつける

瞑想を行うとやはり運動と同様にGabaが増加することがわかっています。吃音症の人ではGabaレベルが低下していることが確認されており、同時にGabaを増やすと、改善していくことがわかっています。

瞑想とは、意識的に一つのモノ(対象)に意識を集中させることをいいます。つまり、集中力のトレーニングです。一つの対象に長く意識を集中させていると、人は思考、雑念、悩み、妄想が薄れていき、最終的には、無の心境に自然と近づいていきます。

無の心境とは心に何も浮かばない状態のことです。この心境に到達した時、吃音は既に克服できているはずです。

この状態を瞑想によって作り上げることが可能です。吃音が生じる原因の一つはこだわりが強すぎることです。こだわりが強く、潔癖で完全主義的な性格の人の場合、何としてでもうまく喋らなくてはいけない、噛んだら恥ずかしいという意識が過剰に強いために、吃音を常に意識してしまっています。

しかしながら、瞑想の習慣をつけると、このような夾雑的な想念を自然と手放すことができるようになるのです。これは、①の運動の習慣をつけることにも同じ効果があります。瞑想の習慣をつけることは、吃音の自力での克服に大いに役に立つことでしょう。

吃音を克服する瞑想のやり方

①どういう座法でも良いので(あぐらも可)、まず背筋を伸ばします。そして、目を半眼にし、1m先に目先を落とします。

②それから、お腹の感覚に意識を集中させ、同時に心の中で音声化した「アー」という音に意識を集中させます。次に「オー」という音に意識を集中させます。それから、「ムー」という音に集中します。「ア→オ→ム→ア→オ→ム→ア→・・・・・・」と自分の意識を順番にこの心の中で醸成し、うまく音声化した音に向けるわけです。

③このプロセスを最低10分~20分毎日実行します。日々の積み重ねで知らないうちに深い瞑想が可能になり、それに伴って、吃音が改善されていくはずです。

詳しい話は私のYouTubeの再生リストを参照ください。
このページ上部のメニュー欄から行けます。

小食の習慣をつける

人は食べ物から大きな影響を受けますが、小食にするほど、筋肉は緩み、リラックスできるのです。

吃音を自力で克服するためには、せいぜい食事は一日多くとも2食までにすることが大切です。

こうして食欲求をコントロールする訓練を実行すると、恐れ、不安、恐怖、こだわりという吃音の人が抱きやすい感情を自然と手放すことがより簡単にできるようになっていきます。

恐れ、不安、恐怖が強いのは、肉食過多の大食いの食生活に起因し、植物性の食品の摂取を実行するほど逆方向のベクトルの作用があることは、断食経験者はみな知っています。

たとえば、断食中に怒り出したり、恐れまくる人はいないのです。過去の私の体験談ですが、断食や小食を実行するにつれて、吃音の症状はなくなっていきました。家族や友人から実際に最近明るくなった、キツイ性格がなくなったと指摘されたほどでした。

(自分でも、どもりが解消され、流暢に話せるようになったことを実感しました。)

また、小食にしても同様の効果が見込めます。その理由は、便秘等の排泄不完全が是正され、腸内が空っぽになるからで、腸がより空になれば、それに比例する形で、腹筋に力が入るようになります。腹筋に力が入るということは、呼吸がつよくなることを意味します。呼吸が強くなれば、吃音も改善するというメカニズムは上で説明した通りです。

まとめ~吃音を自力で克服するため~

吃音を自力で克服するためには

①運動の習慣をつける

②瞑想の習慣をつける
③食習慣を変化させる

この3つのポイントを徹底されてみてください。
大切なことは継続することなので、気長に実践していくと次第に大きな効果が見込めてきます。

吃音の治療【最新版】 (←ホームへ)